スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ写真(画像)表現

2010/6/2

前回は「写真(画像)」の仕組みで「画素数とイラストゴシック」を復習しましたが、今回は引き続き「デジカメ写真(画像)」のカラー表現について復習します。

写真のデータ量がワードやエクセルに比較して大きいのは前回もご説明しました。
写真(画像)はワードやエクセルに比較し数倍から数百倍のデータ量ですのでパソコンに保存する場合などや他の記録メディアにコピーする際の参考にして下さい。

1:画像がディスプレイに表示される仕組みは?

デジタル画像の点は「ピクセル・画素」です。
点=ピクセルとは画素1つのことで「800×600」など画素の数で画像のサイズを表します。
つまり、画素を縦横に並べて四角形の面にしたものがデジタル画像です。

※実際の「点」や「ピクセル・画素」が画像(形)になる仕組みは、前回の「イラストロジック」でご案内しましたのでご覧下さい。

【よりみち:補足】
※デジカメ画像は縦3:4横の「ピクセル・画素」で構成されています。。
この3×4の面積内に幾つの「ピクセル・画素」を取り込めるかが画素力です。
もちろん数値が大きいほど高画素カメラです。

※現在のアナログテレビはデジカメ画像と同じ縦3:4横の比率です。
※最近のデジタル放送テレビは縦9×16横でアナログテレビに比し横長です。

※プリントする際、フィルムカメラでの画像構成比は24㎜×横35㎜=3×4、3でデジカメ画像構成比(3×4)より横長です。
この為、デジカメで撮影した写真はLサイズ用紙(89㎜×127㎜=3×4、3)の左右に白縁が出ます。デジカメサイズのフルサイズはLサイズでなくDSサイズと呼びます。
逆に、デジカメで撮影した写真をLサイズ用紙に全面印刷すると写真の上下が若干切れます。

画像の縦横の構成比とプリント用紙の縦横の構成比も理解しましょう!

2:画素とディスプレイの関係は?

パソコンの画面(ディスプレイ)は14インチとか15インチなどで表現されます。
画面に表示できるサイズとしてやはりピクセルで表されます。
「800×600ピクセル」とかでこれをディスプレイの「解像度」といいます。
※ディスプレイの解像度はVGA規格によって最低「640×480」ピクセルと決まっています。これは4対3の比率で「800×600」「1024×768」「1600×1200」と同じ比率で解像度が高くなっています。

3:デジタル画像の「色」の仕組みは?

光の三原色 ←クリックすると拡大します

デジタル画像にはピクセル数によって表されるサイズのほかに「色数」の要素もあります。
一般的なデジタル画像の色数は「フルカラー」と呼ばれ「1677万色」「1670万色」「24ビットカラー」「RGB各8ビット」などで表されますが全て同じことを言っています。

4:どの様に、色は「RGB」で表示されるのか?

テレビでもパソコンでもディスプレイの色は、赤(Red)緑(Green)青(blue)の「光の3原色」を重ねてつくります。
これをパソコンでは各色の頭文字をとって「RGB(アールジービー)」と呼んでいます。

光の3原色では、赤+緑=黄色 緑+青=シアン 青+赤=マゼンタという紫色がかかったピンク色になります。絵の具の混ぜ合わせ「色(料)の3原則」に慣れている日常とは異なりますが光の3原色(RGB)を重ねると「白色」になります。色(料)の3原則を重ねると「黒色」になります。

※RGBとCMY(プリンターインク:色の三原色)は補色関係です。
※色の3原則を重ねると理論上は「白色」になります。

3原色の各色を256階調で1677万色になります。

R256×G256×B256=1677万7216色でこれが「フルカラー」です。
自然界の色はアナログ量なので本来無限に存在しますが1677万色となると人間の目では区別がつかないので「トゥルカラー」と呼ぶこともあります。

5:デジタル写真のデータ量は

フルカラーの1ピクセルは24ビット(RGB各1B=3×8b)のデータ量を持っています。漢字1文字が16ビット(2B)ですからたった1ピクセルで1、5文字分です。1024×768ピクセルの画像なら何と漢字117万9648文字分になります。
画像データのファイルサイズがやたら大きくなるのがわかります。

※1ピクセル8ビットに落とせば256色
人間の目はいい加減ですからもっとデータ量を減らしても(=色数を減らしても)それらしく見れます。たとえば24ビットを8ビットに減らすと256色でインターネットで使われている画像の形式は256色です。

デジカメ写真講座では「デジカメ講座は数学の勉強です」と冗談を言ってきましたが、これらの基礎知識を学べば、デジカメ&パソコンやプリントの関係、さらにファイルの保存方法(ファイル形式)まで知れば知るほど奥深いです。

別の機会に画像の保存方法(ファイル形式)による「データ量」の違いと「見た目」の画像についてもお話ししたいとは思います。お疲れさまでした!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。