FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉大津ひまわり大作戦

2010/7/30

昨日の大阪最高気温は26、5度で最低気温が23、3度でした。
久し振りの終日降雨で猛暑日と熱帯夜のない涼しい?一日でした。
今回のご案内は「泉大津ひまわり大作戦」へのお誘いです。

泉大津市には、広さ1,000坪の土地に地元の市民(サポーター)により育てられた約20,000本のひまわりが咲き誇る「ひまわり広場」があります。

見ごろは、8月上旬から下旬にかけてですが、8月6日(金曜日)、7日(土曜日)には、特別にひまわりのライトアップ(19時ごろから21時まで)を行います。

また、イベントとして、8月8日(日曜日)の16時から開花祭、18時から盆踊りが行われます。皆さま、是非おお出かけ頂き、ひまわりから元気をもらってください。

入場無料。(南海本線「泉大津駅」下車(西出口)500メートル)
問合せ:府民文化部都市魅力創造局都市魅力課(06-6944-6971)

泉大津ひまわり大作戦 ←クリックすると拡大します

●年間スケジュール
6月6日ひまわり種まき祭 8月8日ひまわり開花祭 9月20日ひまわり収穫祭

●ひまわり育成ステップ
1:畝作り・・・種まきの準備として、まずは畝作りから。
(1)種は畝の両サイドに2列で蒔きます。畝の真ん中には肥料を蒔きます。そのため、畝の真ん中に1列のスジを作ります。
(2)畝に残っている大きな石や木片を取り除いておきます。残っていると、発芽してから芽が出るのが妨げられます。
(3)日にちが経つと土が固まって畝が下がってきます。畝の両脇の溝の土を少し上部にかけましょう

2:種まき・肥料
(1)種は、畝の両サイドに千鳥で2列に蒔くようにします。30cmほどの間隔で、2粒くらいずつ蒔くようにします。蒔くときは同じ穴に全部入れるのではなく、少し離れたところに蒔くようにします。(4~5cmくらい)
(2)種まき後は軽く土を置くようにします。覆土(蒔いた種の上に載せる土)は、約2cmの厚さで載せるようにします。あとは手で軽く押さえるようにします。
(3)畝の中央部分に肥料を蒔きます。

3:水やり
水はたっぷりやるようにします。発芽するまでは種を乾燥させないようにするため、たっぷりと水やりをします。発芽してからは、極度に乾燥させない程度にやるようにします。(できれば夕方のほうがよい)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。