FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録画素数の知識

2010/8/4

楽しかった旅行写真をみなさんにお配りする方法が幾通りかあります。
①プリントして配る。
②CDやDVDにコピーして配る
③Web(ネットで)電子メールに添付orフリーアルバムやホームページにアップする。

アルバム写真 ←クリックすると拡大します

今回は写真(画像)を郵送するために「ポストカード」サイズで印刷する際には、デジカメ写真の記録画素数をどの程度にすれば良いかをご案内します。
通常の「Lサイズ」はそれ以下の画素数で良いです。

デジカメの記録画素数(記録サイズ)って一体どれくらいで撮影すれば良いか?
※デジカメの記録画素数選択の例(手持ちのデジカメ使用説明書でご確認ください。)

10M ( 3648 × 2736 )1,000万画素
5M ( 2592 × 1944 ) 500万画素
3M ( 2048 × 1536 ) 300万画素
2M ( 1600 × 1200 ) 200面画素

撮影画素設定が幾通りかありますがみなさんならどうしますか?

①とりあえず一番大きなサイズにする
②用途によって最適なサイズを選ぶ
正解は②の「用途によって最適なサイズを選ぶ」です。

最近のデジカメは1,000万画素超が珍しくありません。
なんとなく、画素数や解像度(ピクセル)の数字が大きいほうがキレイに撮影やプリントできるイメージの人も多いのではないでしょうか? でも、実は、デジカメ写真の用途(ブログ用やプリント用etc.)に応じて最適な記録画素数があります。

●画素数とは…
1枚の写真を記録するために使われる色の付いた点(ピクセル=色の情報)数のこと。
1,000万画素の場合1枚の写真に1,000万個の画素(色の情報)を持っています。

●解像度とは…
1インチあたりの画像を表現する粒子のドット数(※密度)のこと。
※「dpi=ドット・パー・インチの略」という単位で使われます。
一般的に、この数字が大きいほど印刷したときの画像がきめ細かくなります。

そこで・・
ポストカードサイズの写真を、一般的にキレイにプリントできる解像度=300dpiで印刷する場合、最適な記録画素数はポストカードの用紙サイズは(100mm×148mm)なので
1インチ( = 25.4mm) で計算すると、ポストカードサイズは約4×6インチになります。
そこに1インチあたり300個の色の情報(ピクセル)が必要ですので
短辺=4×300pixel=1,200pixel 長辺=6×300pixel=1,800pixel
ポストカード=1,200×1,800pixel=216万画素(ピクセル)になります。

以上から、ポストカードサイズならば、200万画素(2M=1600 × 1200 )の記録画素数で撮影すればキレイなポストカードが印刷できます。

あとで大きく引き伸ばす予定などがあれば、それより大きな記録画素数で撮影するのがおすすめですし、ブログ用などパソコンだけで使うものなら、もっと小さい記録画素数で充分です。
但し、デジカメやプリンタ、用紙などの設定・種類によって差はあります。

デジカメ写真(画像)は画素数が大きいほど1枚の写真を記録するために使われる色の付いた点(ピクセル=色の情報)数が多いので高密度の画像構成にはなりますが「宝の持ち腐れ」では無いですが高画質ほどメモリーやパソコンのデータ保存量が大きいので使用目的に合わせて使い分けて下さい。

●補足:写真の解像度

スキャナーで、写真を取り込む時の解像度はいくつに設定すれば最適なのか?

等倍で印刷するのであれば、250~350dpiくらいで十分です。
それ以上解像度を上げても、見た目の品質にかわりはでてこないと思います。

ただし、もっとも、取り込んだ画像をどういった用途に使うかによって異なります。
例えば、等身大のポスターをつくるのであれば、400dpi以上で高解像度にしておかないとちかよれば、つぶつぶのモアレが目だってしまいます。

解像度は高ければ高いほど鮮明な画像になりますが、同時に、ファイルのサイズも大きくなります。
電子メールに添付する場合など、ファイルのサイズを小さくしたい時には、解像度を72dpiに設定するとよろしいかと思います。
どうせ、見るにしてもモニターで見るわけですから72dpiで十分という意味です。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。